愛犬のしつけ、うまくいっていますか?

ここを読んでいらっしゃるってことは、犬のしつけで悩んでいるのでは?
犬  しつけ

たとえば・・・

犬  しつけ 無駄吠え、要求吠えをする
家族が食事している時に吠える
電話やチャイムに吠える
来客に吠える
ハウスの中で吠える
他人や犬にうなったり、噛む
愛犬に触ろうとすると噛む
食事中に手を近づけると噛む
くわえたものを離さない
留守番ができない
トイレのしつけができない・・・などなど・・・


こんな風に思っていても、まだ愛犬のしつけをあきらめないでください!
以下は間違った常識です。

玄関前で、鎖(くさり)につないで愛犬を飼っている
毎日、愛犬に話しかけている
愛犬が顔や口を舐められるのは、犬の愛情表現だ
生後3ヶ月までの仔犬はワクチン接種をしていないので、
病気が怖くて外に出さずに室内で飼っている
たくさんほめて、愛犬をしつけをしている
家の中で自由に放し飼いにさせている
私が家に帰ると、飛びついてきて歓迎してくれる
飼い主の思いは、長く飼うと愛犬が理解してくれる


これらは、世の中の間違った常識や情報から多くの飼い主さんが行ってしまっている間違った愛犬の飼い方、しつけ、考え方です。

全部、間違った常識なのです。

犬の社会は完全タテ型です。このタテ型の上下関係が、主従関係です。
犬は上位の者にしか信頼を抱きません。

“主従関係”なくして“信頼関係”は築けないんです。
飼い主さん、つまり、あなたが上位でなければ、犬のしつけの全てがうまくいきません。

犬には人間と違った文化と習性、特性を持っています。
犬は群れで生きる習性があり、その習性に合った方法でしつけを行わなければなりません。

どんな犬種でも効果的にしつけることができる方法が、3つのしつけ方法です。

【リーダーウォーク】
【ホールドスティル&マズルコントロール】
【タッチング】


3つの方法を覚えれば、正しいしつけができるようになります。

犬  しつけ

犬のしつけに必要な【3つのしつけ方法】をもっと詳しく知りたければ、以下の公式サイトへどうぞ!!

犬  しつけ

ダイエットよくある質問